医療スタッフのブログ

拡大するスイッチOTC薬の市場とセルフメディケーション

すでに承認販売されている医療用医薬品のうち、解熱鎮痛消炎薬、胃腸薬、鎮咳・去痰薬、水虫薬など、副作用が比較的少なく安全性の高い成分を一般医薬品として転用(スイッチ)したものがスイッチOTC薬です。

消炎鎮痛剤のロキソニンSが大ヒット

セルフメディケーション(自分の健康に責任を持ち、軽度な不調は自分で手当てする)の高まりから、今後、スイッチOTC薬は増加するものと考えられますが、その販売に際しては薬剤師等が、患者に対して使用上の注意等を十分に指導・説明することが求められます。

一般用医薬品として承認された段階では、第一類医薬品として区分されます。その区分する期間はスイッチOTC薬については承認条件として付された調査機関に1年を加えた期間となっています。

代表的なスイッチOTCには、H2受容体拮抗薬(シメチジンほか)、解熱鎮痛消炎薬(イブプロフェン)、膣カンジダ治療薬(オキシコナゾール硝酸塩)、抗ウイルス薬(アシクロビル)、水虫薬(硝酸ミコナゾールほか)などが挙げられます。

医師が決めた処方箋を、薬の専門家である薬剤師が第三者の目で確認できるのが、院外処方の最大のメリットでしょう。これにより、万が一医師が間違った処方を行ってしまった場合でも、ミスを防ぎやすくなります。

さらに、医師が患者のためではなく、経営を優先して行った処方なども防ぐことができます。また、患者が複数の病院から薬を受け取っている場合でも、薬剤師がチェックでき、薬が重複したりするのを防ぐことができます。これは、医師が病院で診察後、処方箋を発行し、薬局の薬剤師が調剤を行うという医薬分業の考えにも則しています。

保険調剤薬局では、薬剤師が患者に処方されている薬を全て記録して薬歴(カルテ)を作成し、飲み合わせや副作用を調べ、トラブルが起きないように努力をしています。