医療スタッフのブログ

PET検査はCTやMRIで特定できない病巣を検出し、治療法を決める際に有用

正常な細胞に比べて分裂を異常なペースで行うがん細胞は、エネルギー源として約3~8倍ものブドウ糖(グルコース)を取り込もうとします。その性質を利用して、ブドウ糖に似たFDGと呼ばれる検査薬を静脈から注射して撮影するのがPET検査です。

全身のがんを検出します

しばらくすると体内でFDGが集中するところが判明しますので、それにより腫瘍の悪性・良性の識別、がんの位置の発見、その進行度がわかるというわけです。CTやMRIなどの画像検査は形状からがんを見つけますが、PETでは細胞の性質を利用してがんを探し出すのです。

この検査はCTやMRIで特定できない病巣を検出し、治療法や治療範囲を決める際に役立ちます。ただし、PETにも弱点はあり、1cm未満の小さいがん細胞は発見できないケースもあります。また、薬が集まりにくいがんや診断に適さない部位もあるため、万能というわけではありません。

放射線科は、放射線診断(X線検査、エコー、MRI、CT、血管造影などによる病気の診断)や放射線治療(病巣部に放射線を照射して腫瘍の増殖を抑え、死滅させる)を実施する診療科です。

射線線科では、放射線を放射するのは放射線技師です。そのため看護師の主な業務は、検査を受ける患者さんを介助となりますます。また、放射線の危険性を十分に理解した上で業務に当たる必要があります。

加えて、X線写真、MRI、CT、PET、PET-CT、PEM(乳房専用PET)などの画像診断装置は年々高度化しています。放射線科の看護師として向上心を持ち、知識や新しい技術を取得していく必要があります。